Cecilie Manz

lynn.gif

Cecilie Manz.jpg

Cecilie Manz



セシリエ・マンツ。1972年デンマーク生まれ。
The Danish Design Schoolで家具に関する全ての履修課程を修了。
卒業後のヘルシンキ留学において機能性への探求心は一層深まることになる。1998年コペンハーゲンに自身のスタジオを設立。
著名な陶芸家であるボディル・マンツを母にもち、幼少期には両親と共に有田町(窯業の産地)で過ごした経験をもつ親日家でもある。
「Everything is possible」彼女の信条とするこの言葉のように、その前向きな信念は多くの職人達や芸術家に囲まれて育った彼女の生活環境のなかで培われたものだと言える。詩的センスに満ち、アイデアの本質を明確にしたミニマルなデザインは高い評価を受けている。
FREDERICIAより発表された「MIKADO」で2004年に「Danish Design Award」を受賞。2007年にはプロダクトデザイナーとして名誉ある「フィン・ユール プライズ」を受賞。

CECILIE MANZ website

home.gifcom.giflight_.gif

pro.gifconcept.gifdes_.gifdown.gifrefe.gifshop.gif

Caravaggio-P4-Black Installation 40101-Lightyears.jpg
tab_cara.gif

「カラヴァジオ」はシンプルで流れるようなラインを持つペンダントライトです。デザインの過程で多くの曲線が描かれましたが、採用されたラインは女性らしいフォルムを意識したものでした。
誰もが目を奪われてしまう艶やかなフォルム。あえて見せるために採用された印象的なレッドとグレーのテキスタイルコード。緩やかに絞られたスチールシェードの表面はハイグロスエナメル塗装により、陶磁器さながらの深みのある美しい色合いをもっています。ホルダー部分は、ダイキャストにアルミ合金のステーを組み合わせ、仕上げをマットクロームメッキでコーティングしています。深いシェードの上部に光源を設定し、内面をマットホワイト塗装とすることで高いポジションに吊す状況でもノングレアな仕様になっています。そして上部の開放部から漏れる光は、美しいグレーとレッドのコードの表情を引き立てます。
柔らかいイメージでありながら高度な技術とバランスをもつ「カラヴァジオ」は、職人気質のデザイン姿勢を貫くセシリエ・マンツの個性溢れるペンダントライトです。光のコントラストをより際立たせることを主題とした「カラヴァジオ」は、そのアイデアの本質を明確にしながらも決して機能美だけではなく、どこか詩的センスをも感じさせてくれます。

Caravaggio-OpalP2 Installation -39557-Lightyears.jpg
tab_opal.gif

クローズドスタイルのペンダントである「カラヴァジオ」にオパールガラスによる新しいバージョンが加わりました。
誰もが目を奪われてしまうフェミニンなフォルムはそのままに、全体から溢れる光はとても情緒的。まるで光でフォルムを包み込むかのような印象を与えます。
あらゆるシーンにマッチする豊富なサイズバリエーションでお届けします。

Caravaggio P2 BB - installation 37280-Lightyears.jpg
tab_carabb.jpg

ブラッククローム仕上げのグリップとブラックのテキスタイルコードがもたらす引き締まった印象。この小さなニュアンスの変化は、カラヴァジオ」のイメージに驚くほどの精悍さを与えてくれました。
カラーリングは行わずトーンの変化だけでマニッシュな「カラヴァジオ」に仕上げる。Cecilie Manzの新しい提案です。

Caravaggio T Black- Installation 39496-Lightyears.jpg
tab_tf.gif

新たに展開されたテーブル&フロアランプ。
シェード内部に隠されたフレキシブルネックにより40°まで首を自在に傾けられるユニークな構造をもっています。デザインの重要なポイントとなった薄くフラットなベースはまるでシェード開口部にあった蓋がそのまま開いて落ちたようなイメージ。ペンダントのフォーカルポイントであるレッドとグレーのコードはプルスイッチで表現されました。シェードトップのハンドル、支柱とベースはマットな仕上げとし、ハイグロスのシェードの存在をいっそう引き立てます。首をかしげて寄り添うような愛くるしいその姿はとても印象的。「カラヴァジオ」はこれまでのスタンドランプのカテゴリーにあてはまらない独自の存在感を放っています。

Caravaggio P2 BB - installation 37234-Lightyears.jpg
tab_mon.gif

φ16のスチールパイプで組み立てられたシンプルでミニマルなスタイルの「モンドリアン」シリーズ。
パイプシェード先端は330°チルト回転、支柱軸上に180° パーンして光の方向をコントロールすることができます。またシェード先端部分は耐熱アクリル製のリングを介して接合されることにより熱伝導を抑え、シェードを回転させる「つまみ」として機能するとともに、光を透すアクセントとしても重要なフォーカルポイントとなっています。光源は新しいOSRAM製サイドリフレクタータイプのミニハロゲン球を採用。20Wとは思えない豊かな光量を放ちます。
PIET MONDRIAN後期のモダンアートをインスピレーションしてデザインされたという「モンドリアン」シリーズは、まさにこのスケールバランスが主題となった作品。ミニマリズムをベースとするセシリエ・マンツにとって理想的なアプローチといえます。

Brancusi-Caravaggio Installation 40315-Lightyears.jpg
tab_bra.gif

滑らかで彫刻的な造形の「ブランクーシ」は、まさにミニマリズムのルーマニア人彫刻家Constantin Brancusiをリスペクトしてデザインされたモデル。
特に天井の高い空間でそのフォルムは際立ちます。大ぶりなサイズに滑らかなライン、磨き上げられた彫刻のような美しい仕上は独特の浮遊感を演出しています。本体に軽量ポリカーボネートを採用し、ケース内部には配光をもつアルミニウム製反射板、さらに強化ガラス製の下面カバーにシルクプリントされた白いアクセントラインはグレアカットの機能と共に周辺への光をやわらげる効果で快適な配光を実現しました。「ブランクーシ」はシンプルでありながらも光学的アイデアに満ちた本質的なペンダントライトです。